ANAカードワイドカードの審査 口コミ・評判

ANAカード(ワイドカード)の審査のポイントや口コミ・評判や対象、年会費、保険システム、特典、ポイント、ボーナスや還元率、フライトマイル、審査の時間、申込方法といったメリット・デメリットを紹介。

住信SBIネット銀行 ANAカードワイドカードの審査に通るための5ステップ|口コミ・評判まとめ

ANAカード(ワイドカード)なら、高校生と大学生を除く満18歳以上の人で、本人に安定継続収入の人やバイト・派遣・パートの人、また本人の両親に安定した継続の収入がある人が申込可!{最短1週間でカードをお届け。毎日の生活でマイルが貯まる本質的で安心の1枚年会費は2,000円(税抜)、初年度の年会費は無料。搭乗ボーナスマイルがグンとUPするカード。年会費は7,250円(税抜)、家族会員は1,500円(税抜)。旅行等の傷害保険(死亡・後遺症の場合)は海外MAX5,000万円、国内航空MAX5,000万円、ショッピングガード保険も年間最高100万円以下のお買物安心の保険。さらに利用可能枠は100万円までで1回払い、2回払い、ボーナス一括払い、リボ払い、分割払いが用意しています。WEB10分で申込完了!!


ANAカード(ワイドカード)の審査のポイントや口コミ・評判や対象、年会費、保険システム、特典、ポイント、ボーナスや還元率、フライトマイル、審査の時間、申込方法といったメリット・デメリットを紹介。

ANAカード(ワイドカード)詳細情報

住信SBIネット銀行Mr.カードローン★クレジットカード名
ANAカードワイドカード


★申込みできる方
高校生と大学生を除く満18歳以上の人で、本人に安定した持続収入の方やアルバイト/派遣/パートの方、また自身の両親に月毎定期的な収入がある人。
※未成年の方は親権者の同意が必要です。


★年会費
@本会員:7,250円(税抜)
A家族会員:1,500円(税抜)


★旅行などの傷害保険(死亡・後遺障害の場合)
・海外旅行:MAX5,000万円
・国内航空:MAX5,000万円
・国内旅行:なし


★ショッピングガード保険
MAX100万円
※海外での利用および国内でのリボ払い・分割払い(3回以上)の利用のみ対象。


★使用可能枠
・総使用枠:20万円から100万円まで
・カード使用枠(カードショッピング):20万円〜80万円以下
・リボ払いと分割払いの利用枠:0円〜80万円まで
・キャッシング使用枠:0円〜100万円以下


★支払方法
1回払い/2回払い/ボーナス一括払い/リボ払い/分割払い
※支払方法は、便利なリボ払い「マイ・ペイすリボ」を推奨します。ご入会時に「マイ・ペイすリボ」をご指定になると、いろいろな特典があります。
@1回払い:締め切り日の翌月に支払。手数料は不要。
A2回払い:締切日の翌月と翌々月の2回に分散して支払い。手数料は不要。
Bボーナス一括払い:夏あるいは冬のボーナス月に一括して支払いいただきます。手数料は不要。
・夏:12月16日から6月15日の利用料金を、8月のお支払い日に支払。
・冬:7月16日から11月15日の利用額を、翌年1月のお支払い日にお支払い。
※加盟店により取り扱い期間が異なります。
Cリボ払い:ご利用の件数や金額にかかわらず毎月一定金額に分割して、月々のお支払い日にお支払い。手数料は要。
D分割払い:ご利用額と手数料の集計をご指定の回数に分散して毎月のお支払い日に支払い。手数料は要。
※2回払い・ボーナス一括払いは取扱い加盟店が指定されるのでご注意ください。
※分割払い・2回払い・ボーナス一括払いについては、1万円以上の買物からご利用になれます|できる。(加盟店により取扱い料金・期間が変動する時があります。)
※リボ払いの利用枠を超越して利用した場合、超えた分は1回払いでの支払いとなります。


★お支払日
15日締めの翌月10日払い


★ポイントサービス
ワールドプレゼント/1,000円(税込)使用で1ポイント付与


★提携先
全日本空輸(株)


★追加可
・ETCカード
・iD一体型
・家族カード
・PiTaPaカード
・銀聯カード


★その他
※カードショッピングのリボ払い・分割払いはカード利用枠の範囲内で弊社が指定します
※お客さまのご希望をもとに、キャッシング利用枠の範囲内でキャッシングリボと海外キャッシュサービスのご利用枠を指定いたします。ただし、利用枠の減額または設定をことわる場合がございます。
※三井住友フィナンシャルグループカードを複数枚(VisaとMasterCard両方等)保有になる時、カードの利用枠は三井住友フィナンシャルグループが定める総利用枠を上回らない範囲とする。


★提携信用情報機関
◆全国銀行個人信用情報センター
〒100-8216 東京都千代田区丸の内1-3-1
TEL:03-3214-5020
ホームページアドレス:http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/index.html

◆株式会社 日本信用情報機構(略称JICC)
〒101-0042 東京都千代田区神田東松下町41-1
TEL:0120-441-481
ホームページアドレス:http://www.jicc.co.jp/

◆株式会社シー・アイ・シー(CIC)
〒160-8375 東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウェストビル 15 階
TEL:0120-810-414
ホームページアドレス: http://www.cic.co.jp/


※必ず申込みになるご本人の方がご入力ください。入力内容をもとに所定の審査のうえ、入会手続きをします。
※カード発行手続きに際し、ご自宅または仕事先に連絡することがあります。
※本サービスのお申し込み受付は、日本国内に滞在し、三井住友フィナンシャル・グループの提携する金融機関に支払口座を持っている方に限ります。
※年末年始やゴールデンウイーク等の長期連休は、カード届けまでにお時間がかかる場合があります。
※運転免許証あるいは運転経歴証明書の交付がある方は、運転免許証または運転経歴証明書での自身の確認が必要になるので、必ず準備してください。また、運転免許証や運転経歴証明書の交付の有り無しが確認できない場合、電話にて確認いたしますので承知ください。
※当方へ送付された書類は返付できません。

 

住信SBIネット銀行Mr.カードローンTOP

 

 

キャッシングを使うなら大手を選べ!

住信SBIネット銀行Mr.カードローン クレジットカードの申込みや審査を受ける前に、まずはどのキャッシング業者を選べばいいのか、ということから始まりますよね。

「クレジットカード会社」とひとまとめに言っても、その種類は様々です。大手企業など、銀行が直々に行っているようなクレジットカードやCMに有名人を起用できるような有名クレジット企業など、知らない中小のクレジットカード会社、果ては貸金業の登録をしないまま法外な金利で貸付けを行う違法な業者、いわゆる「ヤミ金」まで、クレジットカード業者の選択肢はたくさんあります。
ヤミ金を使うことはむろんありえないことです。
審査や申込みのこと、そして審査を無事終えて利用することを考えると、選ぶべきはやはり大手企業などのクレジットカード会社です。

もし中小の業者に申込みをした場合、審査にはだいぶ時間がかかってしまいますし、また返済方法も銀行での振込みや、返済の度に何回も業者へ出向いて行わないといけないなど、実際に使用してみるといろいろとめんどくさいものです。
{借りた分を返済しにいくのがめんどくさいからと返済期限を過ぎてしまったあげく、自身の信用情報を汚してしまった……というのは絶対に避けたい事態ですよね。

その点、大手クレジットカード業者ならそんなことはありません。審査にかかる時間はほとんど無く、業者によっては最短1週間でカードを渡してくれます。
また、コンピューターによるお試し診断を導入していることも多いために、実際に申込みをする前に借入れ診断をして、自分がクレジットカードの審査に落ちない可能性を診断できるので、信用情報への影響もありません。
審査をパスして実際に使う時は、インターネットや電話で申込みをすれば、すぐに口座へ入金してもらえますし、なによりもコンビニなどに設置されているATMを利用してショッピングをして返済したり……ということが行えるのは中小クレジットカード会社にはない、絶大な評価点です。

加えて、銀行などが行っているキャッシングはもちろんのこと、今では有名企業なども関連会社になっていることが多いため、安心度や社会的信用度も非常に高いことも見逃せません。ですから、クレジットカードを利用するなら大手を使うべきです。